現場の下見

モリコロパーク下見

今日は花粉を巻き込んだ春の嵐の中、モリコロパークまで現場の下見にいってきました★
知ってましたか? 音も風で飛ばされちゃうんですよ。
音は空気の振動ですから。

事前の現場の下見では、会場の広さや音場(響き具合)、電源の位置や搬入経路などを調べます。
今回は会場常設の音響設備も鳴らしたいとのことで、管理されている方とも打合せをさせていただきました。
イベント日が楽しみです♪

春のイベントは、雨風次第で極寒になってしまうので、備えが必要ですね。
来場者もですが、逃げ場がないイベントスタッフは特に危険な季節です。
私たちも、春の山の雨のオールナイトイベントで、死にかけたことがあります…。
そしてさらに、雨の野外現場は、漏電が一番怖いです…。
この仕事は、サバイバル要素が高いです。ホントに…。

過去2回のイベントが雨だったというお客様。
今年は晴れるといいですね!
根拠のない勘ですが、今年は晴れる気がします!
もし晴れたら、ATBは「晴れ会社」ということで!!!

※ちなみに私、21日間かけてバイク旅しましたが、雨に降られたのは2日だけでした★

>>ホームページへ

>>ブログトップへ

★カテゴリ★

★最近の記事★

★アーカイブ★