ワイヤレスマイク(A帯)事情

ワイヤレスマイク(正式には特定ラジオマイクと言うようです)というものには、
A帯とB帯という、使用する電波の違いがあります。

B帯は、自由に使える電波の帯域で、
A帯は、事前に特定ラジオマイク利用者連盟という機関に、登録者が使用申請を出し、許可をもらって使用する電波の帯域です。
無断で使用すると、見つかれば罰せられます。

最近、このワイヤレスマイクが使用できる電波の帯域を
ケータイ電話が使いたいという、国を挙げた大きな動きがあったそうです。

ワイヤレス

それによって、5年後の2019年には、日本中のワイヤレスマイクが今の帯域を使えなくなってしまうので、
国が、特ラ連に登録している会社には機器を無償で交換してくれることになったそうです。
ATBでは6波、登録しています。
国が払うとはいえ、機材の変更にかかる金額が、尋常ではありません ><

201404151043000

Shure is READY って、かわいいことおっしゃってますが、
プロフェッショナル業界ではなんだかややこしい電波事情になりそうです…。

Comments are closed.

>>ホームページへ

>>ブログトップへ

★カテゴリ★

★最近の記事★

★アーカイブ★